大学を一年休学して、オーストラリアのシドニーへ行き、語学学校へ通い、そのあとオーストラリア、ヨーロッパ、アフリカとバックカッパーになって旅をしてきた記録です。

休学.com

2、語学学校の手続き

シドニーの語学学校〜その1 学校の選び方

更新日:

 

 

大学を休学してシドニーに行くことを決めたときに、最初に決めたのは語学学校でした。

 

 

留学斡旋業者やサイトがたくさんありましたが、いろいろ調べてみると怪しい業者があったり、留学斡旋業者を通すと結構な額の手数料がかかると思い、がんばって自分で調べて自分で申し込みしました。

 

 

最初に語学学校を選ぶ基準として、シドニーに住んでシドニーの街を味わいたいと思い、郊外の語学学校はやめました。街から離れたところにも結構語学学校があり、離れているところの方が安かったですが、安い語学学校を調べると生徒が日本人ばかりだったり、周辺に何にもない田舎の学校だったためやめました。

 

 

他に選ぶ基準として考えたのが、「学校の質」です。やはりある程度生徒や学校がしっかりしていて勉強を頑張る雰囲気があったほうが短期間で英語が身に付くと考えたからです。

 

 

語学学校に通おうと思っていた期間は3か月でしたので、出来るだけ短期に英語を身につけて時間を見つけてシドニーの街を散策したいという極めて贅沢な条件で語学学校を探していました。

 

 

そうして見つかったのが、CET(Centre for English Teaching)でした。

 

 

CETはシドニー大学という大学の付属語学学校です。シドニー大学は1850年にサウスウェールズ州の州都のシドニーに設立されたオーストラリア最古の大学で、ジョンハワード首相などの歴代首相やノーベル賞受賞者も卒業生にいる名門大学です。

 

 

そこの付属語学学校ということは、シドニー大学に通おうと思っている生徒も多く、名門大学の付属であれば英語の教育方針もしっかりしているであろうと考えたからCETを選びました。

 

 

語学学校はだいたい1週間いくらという金額設定になっています。

 

 

予算と期間を合わせて、自分に合う語学学校を探すと良いと思います。

-2、語学学校の手続き
-, , ,

Copyright© 休学.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.