大学を一年休学して、オーストラリアのシドニーへ行き、語学学校へ通い、そのあとオーストラリア、ヨーロッパ、アフリカとバックカッパーになって旅をしてきた記録です。

休学.com

5、シドニー観光

シドニー観光24〜クイーンビクトリアビルディング(Queen Victoria Building)

投稿日:

シドニーの街なかにあるメインストリート「ジョージストリート」その一等地ある古くてどっしりとした感じでどこかかわいらしい感じのする建物が「クイーンビクトリアビルディング」です。

 

 

 

 

クイーンビクトリアビルディングは1898年に当時のイギリス国王のビクトリア女王の即位50年を記念して建てられたビルで、ロマネスク様式の半円のドームがガラス張りになっていて光が建物の中に入るように作られています。

 

 

 

 

建物内部は4階建てになっているのですが、オーストラリアってイギリス式なので日本で言う1階がグランドフロアーで2階にあたる場所が1階になっています。

 

 

こんなすてきなショッピングセンターですが、ショッピングセンターになるまえは老朽化で取り壊しの話もあったそうです。こうして残されて人気な建物になっているのを見ると人間って古いものが本能的に安心して好きなのかもしれません。

 

 

各階の空いているスペースには椅子とテーブルが置かれ、休憩できるようになっています。

 

 

 

 

クイーンビクトリアビルディングの入り口にはビクトリア女王の銅像が建っています。

 

 

 

 

豪華なステングラスもあったりして普通のショッピングセンターと違って見所が満載です。

 

 

 

 

写真はないのですが、個人的にはクイーンビクトリアビルディングのエレベーターが好きでした。鉄格子がついた扉でゴンドラのような箱に乗って上がったり下がったりする、日本にはもうないんじゃないかっていうくらい古いエレベーターです。

 

 

結構古いものですけど安心して乗れますし、見てみるだけでも面白いと思います。

 

 

時計も建物の雰囲気にあっていてかっこいいです。

 

 

 

 

建物は古いですが外にはちゃんと地下駐車場も完備してます。

 

 

 

 

クイーンビクトリアビルディングは、シティの中心に位置していて細長い作りをしているので、用事がないときでも雰囲気を味わいたくてついつい中を通ってしまいます。

 

 

中にはいろんな展示品も飾ってあってこれはビクトリア女王の装飾品です。(多分レプリカだと思います)

 

 

 

 

他にもこんな物が。

 

 

 

 

中国の清の時代の結婚式で使う神輿だそうです。

 

 

なんでこんなところにあるんでしょう?

 

 

 

 

英語の解説が書いてあり、読むの大変だなと思っていたら、

 

 

 

 

日本語もありました! さすがオーストラリア、親切です。

 

 

 

 

クイーンビクトリアビルディングは昼間に来るのも楽しいですが、夜は建物がきれいにライトアップされていてきれいです。

 

 

 

 

シドニーの観光ルートを考えるときには、ぜひクイーンビクトリアビルディングを入れてみると良いと思います。

 

 

-5、シドニー観光
-, , ,

Copyright© 休学.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.