イタリアの旅〜10日目.1 アッシジ(Assisi)、駅から町まで徒歩

朝早く仕度をして、数日間一緒に観光したり夕食を食べた仲間達に挨拶をして、ローマで一週間お世話になったローマでの定宿「ガリバーズハウス」に別れを告げました。

 

宿から歩いてローマで一番大きい駅「テルミニ駅」に到着し、昨日買っておいた切符にスタンプを押してもらい、アッシジに向かいました。イタリアで初めての鉄道の旅なのでワクワクドキドキします。ローマからフォリーニョ乗り換えで北へ約131km、約2時間あまりでアッシジには到着する予定です。初めての鉄道の旅は、車内案内もわからないし日本のように到着時間で予想しても時間に正確ではないため、あまりあてに出来ません。とりあえず最初から失敗したくなかったので、気をつけて駅の名前を毎回確認していました。すると、車窓に丘の上に築かれた街を発見しました。

 

177 7784 IMG

 

その後、多分ここだろうという駅があったので下車しました。

 

トイレに行きたかったのですが、まさかの駅にトイレがないという事実。と、いうかガイドブックに載っているような観光地なのに駅がかなり小さい。しかたがないのでがまんしてアッシジの街に向かいますが、地球の歩き方によると駅からアッシジの街までは4kmあるそうです。バスもあるそうなのですが、待っている時間がもったいないし、歩くのが好きなのでとりあえず歩いてアッシジ(Assisi)の街まで向かうことにしました。ちなみに、駅からバスでアッシジ(Assisi)の町まで行く場合は駅にあるバールでチケットを0.8ユーロで買うとマテオッティ広場までいけるそうです。

 

地球の歩き方には、鉄道駅からアッシジ(Assisi)の街へは「天気がよくて体力もあれば、散歩がてら歩いて行くのも良い。途中の田園風景は美しく、町がひとつのまとまりになっている様子がよくわかる」とありますが、正直、霧が発生していて美しい田園風景を楽しむどころか、道に迷ってしまいそうな不安しか感じられません。とりあえず今日泊まろうと思っているユースホステルのYHAの看板があったので、それを頼りに歩いていくことにしました。何も見えないのですが、時折車が通って行くので町に向かう道だという自信につながります。

 

177 7786 IMG

 

 

晴れてたらきれいな景色なんだろうということを想像しながら歩くしかないです。一本道を歩いていくと大きな木が迎えてくれました。アッシジ(Assisi)の町への目印のような感じです。

 

177 7787 IMG

 

大きな木を超えると霧の奥の丘の上にうっすらと町が見えてきました。素晴らしい自然の演出で感動しました! 不安だった道も楽しく感じられてガードレールのない、道路を舗装しただけの素朴な道がとても味わい深く感じられてきました。

 

177 7788 IMG

 

アッシジ(Assisi)の町のある丘に近づいていくと、だんだんと建物が見えてきました。とても大きな建物です。

 

177 7789 IMG

 

ここで、少しアッシジ(Assisi)の話を、

 

アッシジ(Assisi)は紀元前1000年頃に最初の居住者が現れ、紀元前295年にローマ帝国の支配下に入りました。そして、当時のローマ人の遺跡は現在でも城壁や広場、劇場、円形闘技場、ミネルヴァ神殿などに見られることができます。

フランシス会の創設者である聖フランチェスコの出身地として知られており、キリスト教の巡礼地として有名で、フランチェスコの名を冠した聖堂やフランシスコ会関連施設は、「アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連宗教施設群」として世界遺産に登録されています。

12世紀にこの町の豪商の息子として生まれ、放蕩無頼の生活を送っていたフランチェスコが一転して経験なキリスト教徒となったのは、オリーブ畑が広がる丘の上にあるこの自然のきれいな町の雰囲気なのかもしれないと思わされるくらい周辺の自然はすばらしいです。

 

177 7790 IMG

 

丘が見えてきたので、あとはそこを目指して進むだけなのですが、さっきまでの平坦な道と違って、大きなバックパックを背負って山を登るのはかなり大変です。しかも、さっきあった霧は完全になくなってだんだん暑くなってきました。休憩して上着を脱いでTシャツになると体から湯気が出てきてびっくりしました。

 

そして、そのあと迷いながらもアッシジ(Assisi)のユースホステルに到着しました。結局、駅から合計で2時間もかかってしまった。素直にバスに乗ればよかったのかも。

Leave a Reply