大学を一年休学して、オーストラリアのシドニーへ行き、語学学校へ通い、そのあとオーストラリア、ヨーロッパ、アフリカとバックカッパーになって旅をしてきた記録です。

休学.com

6、キャンベラ観光

キャンベラ観光3〜キャンベラセンターとキャプテンクック記念噴水

投稿日:

キャンベラの中心にはキャンベラセンターというショッピングセンターがあります。

 

 

 

 

そこまで大きなショッピングセンターではないですが、こじんまりしていてきれいなショッピングセンターで落ち着きます。建物の中は白を基調としたすっきりしたデザインで、天井には天窓もあるため明るくて開放的なショッピングセンターです。

 

 

しかし、観光でわざわざ来るほどのところではないです。

 

 

 

 

キャンベラにはそんなに商業施設がないので、街の人たちの憩いの場のようになっています。

 

 

 

 

それにしてもキャンベラはショッピングセンターのような商業施設でも空間をかなり贅沢に使っている感じがます。

 

 

 

 

 

普通、商業施設は狭い空間にいかにいろんなことを盛り込んでいくかということが基本になると思いますが、キャンベラは基本的にいろんな空間が広く使われています。

 

 

こんな何気ない広場もあるし。

 

 

 

 

これがキャンベラセンター。

 

 

 

 

キャンベラセンターを後にし、快晴の中自転車を漕いでいると遠くに何やら水柱を発見しました。

 

 

 

 

何事かと思い近づいてみると巨大な噴水でした。

 

 

 

 

これは、キャンベラを北と南に二分する人造湖、バーリーグリフィン湖の中から吹き出すジェット噴水で1日2回、2時間ずつ吹き出すようになっています。

 

 

この噴水の高さはときには130mにもなるようで、一番上の方では水蒸気で虹ができてきれいです。

 

 

 

 

キャンベラを観光していて道に迷ったら、この噴水は結構いろんな場所から見えるのでランドマークとして活用すると道に迷わなくて便利です。

 

 

それにしても湖畔が芝生で整備されていてきれいです。自転車で走るととても気持ち良いし、街の区画が広いキャンベラでは自転車は正解だと思いますので、観光にはレンタルサイクルをオススメします。

 

 

 

 

オーストラリアの7月は冬なので木に葉がありませんが、これが春や夏になるともっときれいで気持ちよくなり、ピクニックに最適だと思います。

 

 

 

 

たまたまキャプテンクック記念噴水に飛行機雲が重なり、良い写真が撮れました。

 

 

 

 

バーリーグリフィン湖にかかる橋はシンプルですね。

 

 

 

 

それにしてもこの噴水の名前にも使われている「キャプテンクック」ってオーストラリア人は好きですね。

 

 

 

 

キャプテンクックはイギリス人の海洋探検家で、オーストラリアの東海岸に初めて到達したヨーロッパ人でオーストラリアでは結構キャプテンクックにまつわるものや、キャプテンクックの名前を取った物が多く、オーストラリアの人に愛されているんだと感じました。

 

-6、キャンベラ観光
-, , , , , ,

Copyright© 休学.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.