大学を一年休学して、オーストラリアのシドニーへ行き、語学学校へ通い、そのあとオーストラリア、ヨーロッパ、アフリカとバックカッパーになって旅をしてきた記録です。

休学.com

9、シドニーからケアンズへバスの旅

シドニーからケアンズへ〜5日目 だんだん友達が出来て来た

投稿日:

旅の5日目は朝10時くらいに起きました。

 

 

昼からビーチに行って、シドニーを出るときに居候先のコウちゃんにもらった「若きサムライのために」という三島由紀夫の本を読んだ。

 

 

なんかオーストラリアのビーチで三島由紀夫を読みながら、日本のことを考えるというのはちょっと変な感じもしますが、日本から離れることで日本を客観的に見ることが出来、ちょうど良かったのかもしれません。

 

 

ビーチで本を読むと、適度に風が吹いて来て波の音が聞こえてとても気持ちが良いです。のんびりと読書に集中できました。

 

 

宿に戻って餞別でもらったチャーハンの素を使ってチャーハンを作ってみた。ちかくのスーパーで食材を買って来て、米はシドニーのホームステイ先のブレンダがやっていた米を煮込むような感じの炊き方で炊いてみました。

 

 

まあまあ美味しく作れました。料理用に塩、コショウは常に持っていた方が良いですね。

 

 

夜はカナダ人のレベッカが誘ってくれてジェイミー達の部屋で一緒に飲みました。

 

 

安くて早く酔えるので飲み物は「ウォッカ」。

 

 

名前があるゲームがわかりませんが、「I have never something」という感じで、今までに〇〇をしたことがある、もしくは無いということを一人が言って、それをみんなが答えていくというゲームをしました。

 

 

「私は今まで麻薬をしたことがない」ということを言うと、みんなは普通に「ある」と答えました。日本と違って海外って結構そういうこと体験している人が多いんですね。日本の中学生がタバコを吸ったとかで不良と言っているレベルがかわいく思えるレベルです。まあ、そういうものが無い日本の方が好きですが。

 

 

クラブでお酒を飲むと高いので適度に酔っ払ってから、いきつけのCheeky Monkeysにみんなで向かいました。

 

 

こういうクラブってだいたい入り口に警備員がいて未成年とかを入れないようにしたりしていますが、その警備員が人種差別的な発言を一人の女の子に向かって言ったということで、みんなでボイコットしてその日は別の店に行きました。

-9、シドニーからケアンズへバスの旅
-, , , ,

Copyright© 休学.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.